ひとつの季節が巡りました。

4月20日の今日は、みる君の命日でした。

実家の庭に、みる君のお墓があります。
白木蓮の木の下、とても日当たりの良い場所です。
今の季節は、母が植えたパンジーがたくさん咲いています。

今日お墓参りに行って来たら、
みるのお墓のところに小さな小さな木が生えていました。
母によると、3月はじめの頃からニョキニョキと生えてきたそうです。
今の家に家族が越して、もう7年以上経つけれど、
メインツリーのこの白木蓮の根元に他の何かが生えるてくるだなんて
今までになかったこと。
まだ薄く緑色に透き通る葉っぱを何枚かつけただけの
ヒョロッと危なげな感じですが、どんどん大きくなりそうな予感。。
なんの木なのかな?
植物に詳しい母なのですが、今の段階ではわからないみたい。
『みるの木』と、勝手に命名しました。
これからが楽しみです^^


一番のお気に入りの写真☆(いつもよりかなり大きめ・笑)

元画像を紛失してしまった私…オロオロしていたら、
みるのファンのmimikaさんが以前お送りした画像を送って下さいました。
ありがとうございます(>▽<)


a0044146_1124119.jpg

お散歩に疲れると、ケージの外のホットカーペットの上でも
こんな姿で無防備に寝ちゃう、不思議なはりねずみでした。
当時はみるしかはりねずみというものを知らなかったから
怒ってムシュムシュ言うみるを
「やっぱりはりねずみは怒りん坊だなぁ」なんて思っていたけれど、
今思えばかなりベタ慣れだったのかも。。

一緒にいた時間はとても短かったけれど、
すごくすごく濃い、貴重な時間を共に過ごすことが出来ました。
たくさんたくさん泣いたけど、
それ以上にたくさんもらった笑顔と、そして「ありがとう」の気持ち。

またいつかどこかで会おうね。
みるのことを考えると、自然とそんな言葉が出てきます。
これからもずっとずっと、私の大切なちいさなちいさなともだちです。







a0044146_17524149.jpg

ヘッジホッグハウスさんのHPに今も残る、若かりし頃のみる。
世界中の人に親バカと言われると思うけど、
今でも「みる以上の美ハリは見たことない!」と思っています。

モコちん、ゴメンヨ(>▽<)
[PR]

by mame_hedgehog | 2006-04-21 00:03 | みる君のおもいで  

<< 春のまったり。 最近のゴハン事情 >>