ハリ馬鹿人生まっしぐら!

今年も残すところあと2日を切りましたね。
学生生活を終えて社会に入ってからは、
仕事が忙しくてずーっとドタバタした年末年始を送っていたので、
働いていない今年の年末は、なんだかいつもと違うように感じます。。

そして今年はなんと言っても!はりねずみを通して、ネットを通して、
大勢の素敵な方々と交流を持てたすばらしい一年でした。
幸せで良い時ばかりじゃなかったけれど、はりねずみと出会えて本当に良かった!

ダラダラと自分の思ったことを綴っている、あんまり面白みのない我がブログですが;
来年ものんびりアップして行きますので、
みなさま来年も、まめとモコちん共々宜しくお願いします(^▽^)

a0044146_17572245.jpg

今朝のモコちん最新ショット♪
この後、爪切りの大格闘をしたのであった。。(無事に切れてホっ)

a0044146_17532369.jpg

オマケでモコケージ大公開!
横90cm、縦50cmぐらい。
ホットカーペットの上に置いて、通常は上に布をかぶせ
保温性と遮光性を高めています。(昼間は明るくなるように工夫しています)

最近は、時間帯によって木のハウスとトンネルを行き来して
寝たり休憩したりしているみたい。
爪が削れるように、あちこちに煉瓦を敷いていますが、
今のところあまり効果がないみたい;来年の課題だな!!






ご存じの方もそうでない方もいらっしゃると思いますが、
私が初代ハリのみる君をお迎えしたのは今年の1月でした。
なので、ハリ飼育歴はまだ1年経ってないのです。(もうすぐ1年!)
(なんだか私のこと凄いベテランハリ飼いだと思っている方がいそうなので;
今回思いきってカミングアウト(!?)してみました・笑)


みるをお迎えしてからわりとすぐに体調不良が発覚して、周囲のたくさんの方に支えられ、アドバイスをいただきながら、みると一緒に数ヶ月間の闘病生活を過ごしました。そして、4月20日の夜8時過ぎに彼は私の目の前で息をひきとりました。。
享年3歳7ヶ月。激しい死に際でした。
全身で、「ボクはまだ生きていたいんだ!」と、言っているように見えました。。
あの光景は、これからもずっと、一生忘れることはないです。


たった4ヶ月間足らずのハリ飼い生活。。
三分の一は病気との闘いだったように思います。
動物の生涯を見送るにはとても短い時間だったけれど、みると過ごしたこの時間はとても凝縮された、私にとってはとても大切な、かけがえのない時間でした。



その後、モコと出会いました。
実はモコちん、まだみるが少しは元気だった頃にペットショップで見かけて一目惚れしたコハリで、「今は無理だけど、いつかみるが元気になったらお嫁さん…は無理かもしれないけど、妹分としてお迎えしたいな。。でも売れちゃうだろうな;」と思っていた子だったのです。
始めて見た時からはもうだいぶ成長して、ぶっちゃけ売れ残っている感じでした(笑;)

もう動物を飼うのはやめよう!と思っていたのですが、再会から2週間ほど考えて、やっぱりはりねずみが大好きで、その魅力をたっぷりと教えてくれたのはみる君で…と、自分への言い訳だかなんだかわからないような事をグチャグチャ考えた結果、連れて帰ってきてしまいました。。

そんなモコちんとの生活も、あっという間に半年が経とうとしています。
みると過ごした時間を、通り越してしまいました。
でも、自分でもとても不思議なんだけど、みるとは何年も一緒にいたような感覚があるんです。
頭ではわかっていたけれど、本当の意味で実感のなかった命の尊さ…それを知るには、もの凄いエネルギーと心の成長がないと難しいことだと思うんです。
それを、みるは私に教えてくれたのだと思っています。



また来年も、はりねずみ中心の生活になるでしょう。
ひとまず、新しい年をモコと一緒に無事に迎えられるであろう事が、とても嬉しい。
そしてこれからも、はりねずみと共に人生を過ごして行くでしょう。

まだまだ未熟で、周囲の人に支えられたり迷惑かけたり、モコ自身に勇気をもらったり、これからもずっとそんな感じで過ごしていくんだろうなぁと思います。

ハリ馬鹿人生まっしぐら!!

これ、私の座右の銘にさせていただきます♪

みなさん、良いお年を!!


a0044146_1502156.jpg


[PR]

by mame_hedgehog | 2005-12-30 15:04 | はりねずみモコの記録  

<< 新年早々 たまには家に帰ります。。 >>